肝臓がんのラジオ焼灼療法


いつも大変お世話になっている方が新たに肝臓に転移が見つかり治療法を模索していました。

その方は外科の手術をしたいと思っていたそうですが、先生は過去の6回ほど手術をしているため癒着が激しくあまり外科の手術はしたくなかったようです。

 

そこで

 

ラジオ焼灼療法という方法を使ったようです。

 

お腹に二か所ほど穴をあけ低いラジオ波で癌細胞を焼いてしまう方法。

先生はそれほど痛くない手術と言っていたそうですが、

 

術後

 

本人に聞くと

 

ものすごーく痛かったです。全身麻酔ではなく、部分麻酔・・あまりの痛さに涙が止まらなかったそうです。

 

でも本人はとても元気でいます。

本当に良かった〜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

IMG_0965

2012.3.28

副作用による抜け毛・脱毛対策について

妻の抜け毛・脱毛が日々多くなっていることで悩んでおりました。 正直抗がん剤の副作用だからしょうがないか・・・ってあきらめている感もありまし…

人間ドック・健康診断

2015.8.20

人間ドック・健康診断のすすめ

妻との間でちょうど話題になり、やっぱりこの「人間ドック・健康診断」の重要性はみなさんにも知ってほしいなぁと思ってちょっと書くことにしました。…

ルチアのまつ毛美容液

2014.7.17

まつげ美容液「ルチア」妻の口コミと効果

もう欠かせない存在になってしまったルチアのシャンプーとコンディショナー。 ルチアは「発毛・育毛専門メーカー」なので、今注目されている「…

hoken2

2014.2.20

がん保険ついて語らせてください。

正直がん保険に入っていなかったら・・・妻に十分な治療をさせることができなかったと思います。 私は保険の専門家ではないですが、実体験をもとに…

ページ上部へ戻る