第105回目 抗がん剤の治療

抗がん剤治療

今日は抗がん剤の治療日でした。
前回は尿酸値などを含め、血液の数値、尿の数値が良くなったので、アバスチンなしで診察のみでした。

それから一か月。今回も同様で

尿たんぱく質の数値
クレアチンの数値

も高いままなので、今回もアバスチンなしでの治療になりました。

また今後に関しても主治医の先生から

「どうする??このまま治療続けてみる??」

と質問されたようで、それに対して妻は、

「えっ私に聞くんですか・・・」

という感じだったようです。

通常アバスチンは手術後半年ぐらいでやめるものなのですが、妻の場合は2009年からいままでずっとアバスチンを投与し続けています。

今でている数値がわるいのは明らかにアバスチンが影響で、ここまで長期に使ってりう患者さんはいらっしゃらないようです。

一度アバスチンを完全に体から抜かないことにはなんとも言えないのがお医者さんの考えみたいです。

よってしばらくはゼローダのみを使用し続け、様子を見ることになりました。

次回は20日。CT検査になります。

何もありませんように・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ルチアのまつ毛美容液

2014.7.17

まつげ美容液「ルチア」妻の口コミと効果

もう欠かせない存在になってしまったルチアのシャンプーとコンディショナー。 ルチアは「発毛・育毛専門メーカー」なので、今注目されている「…

人間ドック・健康診断

2015.8.20

人間ドック・健康診断のすすめ

妻との間でちょうど話題になり、やっぱりこの「人間ドック・健康診断」の重要性はみなさんにも知ってほしいなぁと思ってちょっと書くことにしました。…

hoken2

2014.2.20

がん保険ついて語らせてください。

正直がん保険に入っていなかったら・・・妻に十分な治療をさせることができなかったと思います。 私は保険の専門家ではないですが、実体験をもとに…

IMG_0965

2012.3.28

副作用による抜け毛・脱毛対策について

妻の抜け毛・脱毛が日々多くなっていることで悩んでおりました。 正直抗がん剤の副作用だからしょうがないか・・・ってあきらめている感もありまし…

ページ上部へ戻る